今年はイギリスでクリスマス切手が発売されてから50周年

先日インスタでもご紹介したイギリスのクリスマス切手。

今年2016年発売のプレゼンテーションパックを見てみたら

イギリスでは今年、クリスマス切手の発売を始めてから50周年にあたるそうで、パックの台紙に50周年の歴史がプリントされていました。

発売が開始された1966年、当時の郵便局長がクリスマスの記念切手発売を決めて、小学生〜15歳までの子供たちから公募を募ったところ5000件ものエントリーがあり、その中から栄光を勝ち取った2人の6才の子のイラストがイギリスのクリスマススタンプ第1号として採用されたそうです。

この切手、歴代の数あるクリスマススタンプの中でもとっても可愛いいなと思っていたら6才の子のイラストだったとは!

やっぱり子どもは天才ですね!

その後クリスマス切手はプレゼントパックとしても発売されるようになると、公募ものから有名なイラストレーターのもの、人気キャラクターなど毎年趣向を凝らして多彩なスタンプが発売されてきたようですが、初代当選の子は後の切手選考の審査員として招待されたりもしていたようです。

そんな歴史を読んでいたら、インスタでも書いたように日本の年賀切手みたいで、そういえば日本の年賀切手も干支が一回りする度に、12年前のイラストからストーリーが続いているというのを思い出しました。

切手のあの小さな世界にも作り手のこだわりが沢山詰まっているんですよね。

イギリスの切手の世界、楽しんでみて下さい。

店長のインスタグラムはこちら→

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中