主役と脇役

昨日はGENIOの店先で撮影の予定が入り、臨時営業をしておりました。

何の撮影かは軽くご説明いただいたものの、自販機がメインのゲームとかアプリとかムービーとかなんとからしく、結局よくわからなかったのですが、GENIOの青い梯子が気に入っていただけたようで、その前で1シーンを何カットにも分けて撮っていたので、店も少しは映り込んでいるのかな?

だけどその撮影を見ていて気になったのは、設定は春なのか、主役のお人形のように綺麗な女の子は半そでを着ていて、昨日は少し暖かかったとはいえまだシャツ1枚じゃ寒いので、撮影が止まると直ぐにスタッフさんが大きくて暖かそうなダウンジャケットを持ってきて羽織らせたり背中をさすったり手厚く扱っていたのですが、その撮影には店先で商品を物色している役のエキストラさんらしき女の人もいて、そのエキストラさんも勿論シャツ1枚でいたんだけれど、彼女には上着を持ってきてくれる人などもなく、彼女はシャツ姿のままその場待機。

彼女にも暖かなコートを掛けてあげて…

主役と脇役の待遇の差は歴然ですね。

それって物事全てにも言えて、ブランド物や人気者・希少品に人は目が行きがちで珍重するけれど、身近で普通の日常的な物にはあまり価値を与えない。普通のものにだって良いものいっぱいあるのにね。

以前、「太秦ライムライト」という切られ役専門のベテラン大部屋俳優さんを主役にした映画がありましたが、GENIOもそんなどちらかというと脇役の、何気ないものだけど時を経て味のあるものや、一般的に日常使いされている普通だけどよく見ると作り手のセンスを感じられるようなものにスポットライトを当てたいと思っています。

なので、あまりブランド物のヴィンテージなどは扱っておりませんのでお見知りおきを。

ということで

不思議の国のアリスの「なんでもない日万歳!」がごとく、今日も今日とて「なんでもないモノ万歳!」

teddy bear
Teddy Bears

 

 

インスタグラムも少々ネタ切れ?更新中→

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中