0806 ちいさいおうち

イギリス50年代のドールハウスとミニチュア

山田洋次監督の映画「小さいおうち」では、丘の上の赤い屋根がモダンな小さいおうちが舞台となり、その幸せの象徴のような可愛い赤い屋根の下で繰り広げられる秘め事と田舎出の純真なお手伝いタキさんの細やかな心情描写に泣かされたけれど、そんな純真なタキさんのように、可愛い赤い屋根のお家に夢を抱く女の子の思いは今も昔も変わらないのか、お人形遊びやドールハウスにはそんな女の子の憧憬が詰まっているような気がしますね。

ミニチュア
1950’sイギリスのドールハウス

こちらは1950年代イギリスのドールハウス。

アリエッティに出てくるような立派なドールハウスではないけれど、ぬくもりのあるしっかりした木製の土台にブリキのドアや窓枠がなんとも可愛らしい。

一体この屋根の下に、当時の女の子はどんな憧れをのせて遊んだのでしょうか。

中をのぞいてみると・・・

ドールハウス2
沢山のミニチュア家具

可愛いミニチュア家具がたくさん!

1階がキッチンで2階がリビングかな?・・・

ドールハウス内側1
ドールハウスインサイド

なんて、ついつい童心にかえって商品ディスプレ。

ミニチュアの家具も木製やプラスチック製と様々だけど
やっぱり昔のものには今の物にはない味わいや可愛らしさがありますよね。

ミニチュア家具
木製ミニチュアの数々
プラスチック家具
キッチュなプラスチックのミニチュア

なかなかホームページへの掲載が間に合いませんが、どれも販売しています。

気になるものがありましたら、コメント欄やホームページのコンタクトページより、お気軽にお問い合わせくださいね。

長くなりましたが、絵本の「ちいさいおうち」は、移り変わっていく時代の流れに穏やかな生活をどんどん奪われ肩身狭く古びそうになっていく”ちいさなおうち” が、女の人に救われてまた新たに安住の地を得て幸せな時を刻んでいく…
といった物語ですが、当店もこのドールハウスやミニチュアに限らず、名の知れぬ小さな物たちも、そうやっていつまでも愛され続けてほしいな…。なんて思いで店をやってたりもするんです。

ホームページのミニチュアコーナーも少しずつ更新していきます

木製のソファ
寄木細工の木製ソファセットhttp://www.genioantica.com/000138.html
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中